ひとりごと。その日あったこと、考えたこと。仕事のこと、友達のこと、恋人のこと、趣味のこと。気が向いたときに書いてます。

-----.-- --スポンサーサイト[スポンサー広告]

Time[--:--] Comment[-] Trackback[-]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

2006-03.12 Sun確信したこと。[こいびと。]

Time[21:22] Comment[2] Trackback[0]
さっき書いた日記うっかり消してしまったZE☆(泣


そんな訳でmixiでの日記裏話編。
そっちの日記読まなくても大体分かります。



最近仲の良いバイトの子たちがいます。
OくんとYくん。
お気に入りNo2とNo1ですw
Yくんはいじられキャラで可愛いですが、Oくんは確実にいじりキャラ。
ただしOくんは奴に似てだいぶヲタですw





金曜はは仕事先の飲み会でした。
日付変わって飲み会お開きになった後、そのOくんにいつものように拉致られて宅へ初訪問。
ゲームして遊んでました。


その後。
4人で遊んでたわけですが、土曜日朝からバイトだったYくんは早々に寝ました(と言っても朝の4時頃
私は割と元気で残り3人とスマブラして遊んでました。
その後「そうみんさん絶対こういうの好きそう」とOくんが某マンガを寄越したので、それを読んでおりました。
確かに面白かった!
何で私の趣味分かったんやろ・・・
しかもベッドに寝転がって読んでたんやけど、密着度がすげぇの。
Yくんの横に私が寝、その横に更にOくんが座るというなんともパラダイス的な状況(待て
しかし読んでると眠くなってきたので、1時間ちょい寝ました。



起きたらマンガをまた読み始め、隣では格ゲするOくんたち。
ちなみにYくんは眠そうな顔でバイトへ行きましたw



マンガを全部読み終わった頃。
格ゲに飽きたらしく、ゲームは終わり。
解散・・・になるはずだったのに、何故か私は別のマンガを渡されそれを読み。
格ゲしてたもう1人の子は帰って行きました。
私も帰ろうとしたけど「別に読んでていいっスよ」と、その後Oくんは「眠い」とか言って寝るし!
・・・・・俺は一体どうしたらorz
つかそれはどういう意味デスカー?(汗



まぁ、とりあえず渡されたマンガ読破はしておきましたw
他には寝顔撮って遊んでみたり(寝顔超可愛かったvv
部屋漁ってみたり。
途中Oくんの母上様とばったり顔を合わせてしまったりw




そんな感じで帰ったの土曜日の昼でした。






帰って部屋の状況に愕然としました。

汚ねぇ・・・

そんな状態でマンガをいそいそ読み始める自分万歳です。
転寝しながら読んでた。
よく考えたらここでマンガ読んでなけりゃ美容院行けたかもな。


奴が来るので部屋の掃除です。
久々に掃除した!(待て
部屋、台所、風呂、厠。
全部掃除して今は綺麗です。
今なら誰が来ても大丈夫!(半分くらい嘘です

次は風呂に入りました。
よく考えてみたら金曜日風呂入ってなかったもんな!(汚
さっぱりしたところで服選び。
・・・と思ったら奴からメール。

「今から電車乗っていくから」

・・・・待て。俺はこれから準備するんですが。




某所で買い物する約束だったので、自分ばかりのんびりというわけにいかなかった今回。
急いで服決めて最低限の化粧だけして家を出ました。
我ながらすばやい動きでした。
カッコイイな私(自分で言うな
でも彼氏に会う前の行動とは思えんなよく考えるとorz



買い物して帰宅。
結局奴のハピプレ買えんかった・・・(めそ
次会う時は間違いなくハピバ通過してるもんなぁ。


あとは”ほぼ”いつもどおりでした。





















・・・が。
実はちょっとした事件がありました。

エロ話含みますがOKデスカ?w





会うの1ヶ月ぶりなので、まぁ当然致すわけですよ。
しかし奴は懲りないのか、

生で挿れたい。
後ろでシたい。


言うわけですよ。
私は当然拒否りますよ。
前者の方はそのときはすんなり諦めたようなんですが、後者の方はなかなか諦めてくれず。

後ろ挿れていい?
イヤだ。

の会話がほぼずっと繰り返される始末。
理由を聞かれましたが、嫌なもんは嫌じゃないですか!痛いし。
気分が乗らないから、とかちゃんと言ったんですよ。
そんな会話が・・・20分くらいかな。続いてました。
でも最終的には疑問系が確定語尾になり、無理やり挿れようとしだしました。

ホントに嫌だったからでしょうか。
私その瞬間に泣き出しまして。
当然(かどうかは分からんけど)奴は謝ってきます。
でもシたい意思は主張してくるもんだから、泣きながら何か自分の中で切れたんでしょう。

本気で腹が立った。

そんな時私の携帯が鳴りました。
さっき話に出たOくんからです。
内容はそんな割とどうでもいいことだったけど、何故かそのときは妙に嬉しくて。
返事を返したくとも今はそんなことしてる場合じゃなく。

全身で拒否ります。奴を。

嫌いになった?
希陸にも気持ち良くなってほしかったから。
ゴメンね。


そんなことを言ってた気がします。
他にもいろいろ言ってたかな。
でも許したりはしませんでした。
風呂、いつもは一緒に入るのですが、それすら拒否して。
力づくで嫌でした。ホントに。



もう僕と一緒に居たくない?
嫌いになった?
返事するのも嫌なの?
もう帰れってこと?


そんなことを言うもんだからだいぶ切れて強気の私は、

さぁ。どうだろうね。

を皮切りに、いろいろ言った気がします。
それが奴を傷つけてるであろうことも分かってました。


まだ何かあった気がしますが、正確には覚えてません。
でもひとつだけ覚えてること。


別れ話にまで発展しました。


あともうひとつ。
奴と言い合いしてるとき、もうホント嫌で、逃げ出したかったとき。
その前日のことを思い出して、無性にバイトのOくんに会いたくなった。
奴を放っておいてでも会いたいと思ってしまった。
結局は会いに行こうとも思わなかったけど。
何となく確信してしまったような気がする。



この先どうなるかは分からんけど。




まぁ、仲直りしましたけどね。奴とは。


スポンサーサイト
  


2006-03.14 Tue 02:43ひわ[-URL]

ご無沙汰してます(_ _*)

彼氏さん…そんなにしたかったんですね(爆
でもえっちのコトってなかなか腹割って話せない気がします。
なのにちゃんと主張した希陸さんエライです☆

Oくんは…どうなるんでしょう。。
でも彼氏さんとは大丈夫なカンジですよね?(>_<)
うーん…こっそり見守らせて頂きマス。。
ではまた(`・ω・´)
 

2006-04.14 Fri 22:38希陸[-URL]

レス遅れて大変申し訳なく・・・!!
久々にこっち開きました(ぇ


奴、同じことを2度繰り返しました。
先週も同じようなことで泣きましたからワタクシ。
エッチのことはなかなか言い難いですが、本気で嫌だったらやっぱ言うと思いますよ~
だって私は奴の玩具じゃないですしねw

Oくんのことですが、最近ちょっとショックなことがあり、今は触れないでおきます><。。。
 

 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。